災害時の対応

地震の時

第一に身の安全を確保してください。
揺れがおさまった後に、ガスの火を止めてください。

着火源となる裸火、換気扇、電気などのスイッチにも絶対手を触れないでください。
電気のスイッチは切る時にも火花がでます。切ることもしないでください。

安全確認後、ガスの使用を再開してください。

ガスが出ない時は、ガスメーターの安全装置が作動している可能性がありますので、ガスメーターを確認し、復帰操作を行ってください。

※ご不明な点、復帰操作が出来ない場合は最寄の営業所へご連絡ください。

火災の時

第一に身の安全を確保してください。
消防に通報し、指示にしたがってください。
災害後に再びガスを使用する際は、必ず当社にご連絡下さい。

ご自分で判断せず、ガスのご使用はお控え下さい。

ガス火災を防ぐには

  • ・ガスの点火(コンロ等)は必ず目視しましょう。
  • ・調理中はその場から離れないようにしましょう。
  • ・ガス器具の周辺に、燃えやすいものは置かないようにしましょう。
  • ・ガスコンロは定期的に掃除しましょう。
  • ・調子の悪い機器は、早めに検査を受けましょう。

積雪の時

除雪時の注意

ボンベ周りの除雪をする際は、設備に損傷を与えないように充分注意してください

落雪があったら

落雪によるLPガス設備の損傷も充分考えられますので、目視判断出来ない時は、当社までご連絡ください。訪問し点検作業を行います。

ガス機器が埋没/排気筒等の破損が発生したら

給湯器の給排気が閉塞したり、給排気筒が破損すると、不完全燃焼が起き、一酸化炭素中毒の恐れがあります。至急、当社まで連絡していただき、ガス機器のご使用は控えて下さい。