LET'S WORK TOGETHER !

share  

WORK仕事内容

暮らしのサポーターとして
お客様に、地域に貢献!

三ッ輪産業は、最適なエネルギーシステムの提案・提供に留まらず、
より多くの価値を提供できる「くらし事業者」として、より安心でより快適な
「ゆたかなくらし」を提供できる会社を目指しています。

ガス小売

生活インフラを支える責任感ある仕事

お客様が毎日当たり前のように、あたたかいお風呂に入り、おいしいご飯を食べられる。
こんな日々を我々は支えています。
具体的には、お客様宅に定期的にお伺いし、給湯器やガスコンロといったガス機器を点検することで、機器の異常を検知したり機器交換を提案し、事故を未然に防ぐことをしております。また、何かあればすぐに駆け付けてお客様の生活を守っています。

お客様のくらしをもっとゆたかに

お客様宅への訪問を通じてお客様の生活に対する声を多く耳にします。
「お湯が出にくくなったから水回りの機器を見てほしい」
「赤ちゃんの体に負担が少なく、夜でもすぐにお湯が出るウォーターサーバーが欲しい」
「転んでけがすることが怖いので、家に手すりを付けるリフォームをしたい」
「美容と健康にいい食品を探しているが、近くのスーパーには売っていない」
こういった声に1つ1つ対応し、お客様に「みつばちガスでよかった」と感じて頂くことが我々の使命だと考えております。

ガス卸売

LPG販売店様との共存共栄

三ッ輪産業は約700のLPG販売店様に対してLPGの卸売を行っております。三ッ輪産業は創業以来、LPG販売店様の商売繁盛を通じて三ッ輪産業の活性化を狙った共存共栄を掲げております。
具体的には、小売で培った販売手法、業務システム、各種ノウハウやお客様の生活に寄り添った商品・サービスをLPG販売店様に展開する法人営業を行っております。幅広い商品・サービスを携えて販売店様の経営課題を解決します。

充填所を保有し、広くガスを供給

関東に5か所のガス充てん所から約20万世帯のお客様にガスを供給しております。
充填所にてLPGをボンベに詰めて各家庭に配送されます。
安心安全な充填所の運営を通じ、お客様の日々のゆたかなくらしを支えております。

本社管理部門

総務/ 人事/ 経理/ 情報システム/ 業務/ 保安と幅広い管轄があります

一口に本社管理部門といっても6つの部から構成されています。
・お客様やお取引先様への請求・支払をしたり、従業員の給与計算をしたりといったお⾦に関する経理部
・社内システムの安定運用やシステムの社外販売を推進している情報システム部
・営業と各本社部門の橋渡しをしている業務部
・各営業所の保安⾯の整備・教育等を横串に請け負う保安部
・会社で発生するあらゆる総務の請負、及び人材採用・教育を幅広く請け負う総務人事部
各部が連携しあって三ッ輪産業を支えています。

縁の下の力持ちとしてのやりがい

営業所での営業や新規事業も自分たちが後ろにいるから成立している、縁の下の力持ちという実感を持って業務にあたっております。
社内の色々な方から頼ってもらい、ありがとうと言ってもらえるやりがい、そして、新しい事業を・後ろから支えているやりがいが醍醐味です。

営業所内務

営業所の営業メンバーの活動をバックアップ

営業所では日々、お客様やガス販売店様へ営業メンバー飛び回っております。営業メンバーが気持ちよく営業に出ていき、営業所として数字をあげるためのバックアップとして、営業事務作業をまとめて請け負っております。
具体的には、会計数値の入力や電話等のお客様対応等があります。

電話やメール等を通じて三ッ輪産業の顔としての真摯な対応

ガスの開閉栓の連絡をはじめとして、毎日営業所には多くの問い合わせの連絡が入ってきます。
そういったお客様にとっては、営業所の内務社員が三ッ輪産業の顔として、丁寧に接客をしております。
こういった接客を通して営業メンバーと一緒に三ッ輪産業の価値を高める努力をしています。

㈱イーネットワークシステムズ

電力小売プラットフォーム

2016年の電力全⾯自由化に伴い、日本に電力会社が400社以上創設され、それぞれが自社の料⾦プランを作ってお客様に販売する、「小売事業」を行っております。
我々は単に電力の小売りを行うのではなく、電力の小売りをやりたいが、コストが高いことを課題に思っている事業者がイニシャルコスト0で電力事業に参入できる、電力小売プラットフォーム事業を展開しております。
具体的には、電力会社以外の各業界のプレイヤーと提携をし、各業界のプレイヤーの特徴を生かしてエネルギーを販売することで、お客様に新しい価値を創造・提供することを推進しております。

新聞に載る仕事、世の中の社会課題を解決する仕事

ここ2年間の中でもテレビや新聞などの多くのメディアに対して弊社の活動を取り上げて頂きました。それは弊社の取り組みが社会的な意義があり、かつ世の中にない価値を創造しているからです。具体的には、地方創生に関する施策としてアントラーズホームタウンDMOとの提携や、横浜FCシーガルズという女子サッカーチームと提携することで、エネルギーを利用して地域にお⾦を落とす仕組みを構築し、展開しております。
地域通貨の経済圏を拡大することによる地方創生への取り組みとして、岩手県、群馬県等でも活動を推進しております。また、仮想通貨やブロックチェーンといった取り組みとの親和性も模索しており、こうした取り組みを通じて社会課題を解決し、日本全体を元気に出来るような取り組みを推進しております。

本社経営戦略

経営者の立場で経営課題を解決

企業の外部環境・内部環境は日々変わっていく中で、三ッ輪産業グループが抱える課題も変化していきます。
都度、的確に課題をとらえ、経営者目線で優先順位をつけて経営課題を解決していくことを経営戦略部のMissionとしております。

新規事業の創出、会社の設立から、業務効率化ツールの作成まで

経営課題と一言で言ってもその範囲は多岐にわたります。新しい収益を作り上げていくための施策として、世の中にない事業を構築していくべく、他業種の企業とアライアンス交渉を進めていくこともあれば、実際に自身が最前線に立って営業をすることもあります。最近だと合弁会社を作るための準備ということで、業務・システム・リーガル⾯といった幅広い整備を進めることもしております。
また、社内向けの施策として、社内の組織が良くなるために、制度⾯の整備や業務効率化ツールの作成、整備、導入といったことも、社内の各部署と共同の上推進しています。

Copyright © MITSUWA SANGYO Co., Ltd. All Rights Reserved.